調剤薬局監修・悪性関節リウマチなどの特定疾患について解説する情報サイト

悪性関節リウマチ

関節リウマチは、全身性の病気であり、全身の関節に炎症(関節炎)がおこり、長い年月をかけて徐々に進行しますが、この関節リウマチのなかで,全身の血管に炎症(血管炎)を伴う場合を特に悪性関節リウマチと呼びます。 悪性関節リウマチでは、関節の腫れや痛みなどの激しい関節炎の症状とともに、関節以外にも、肺、腎、心臓、神経、目などに血管炎に伴うさまざまな症状が現れます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

手足のしびれや麻痺、皮膚の血管の梗塞や皮膚の潰瘍、手足の指の壊疽(えそ=組織の一部が死んで黒色化した状態)、目の充血、心膜炎、心筋梗塞、肺炎、腎障害などさまざまな症状を示し、生命にかかわる場合もあります。 血液検査では,血清中のリウマチ因子(免疫グロブリンIgGに対する抗体)が強陽性を示し、体内の炎症反応を示すCRP(C反応性たんぱく)や血沈(赤血球沈降速度)が高い値を示すほか、白血球数が増えるなど各種の免疫異常が現れます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

慢性関節リウマチと同様に真の原因は不明ですが、体質、素因、自己免疫の関与が示唆されています。悪性関節リウマチ患者の慢性関節リウマチ家族内発症の頻度は14%と高いのですが、遺伝性疾患といわれるほどの強い関連性は認められていません。リンパ球の機能リウマトイド因子の高値、免疫複合体の形成などが血管炎の発症に関していると知られています。

 

薬剤師 転職