調剤薬局監修・プリオン、パーキンソン病などの特定疾患について解説する情報サイト

再生不良性貧血

再生不良性貧血とは、骨髄の造血能力が低下し、赤色髄が減少して脂肪髄が増加、血中のすべての血球が減少(汎血球減少)し、かつ各種の治療法で治らない貧血のことです。 症状は貧血と出血傾向が主で、一般に相当進行してからでないと症状(蒼白、息切れ、動悸、めまい、歯肉出血、四肢の点状出血など)は出現しません。ことに慢性にゆっくりと貧血が進行すると、体が順応するために症状が現れにくいが、検査を行うと、赤血球、白血球、血小板が並行して減少しています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

白血球では、リンパ球は保存されて減少の程度が軽いため、比率でみると顆粒球が減少して、リンパ球が増しています。これをリンパ球比較的増加といいます。貧血は正球性正色素性貧血で、ときに経過の途中で軽い高色素性を示す例があります。出血傾向はもっぱら血小板の減少によるもので、出血時間は延長しますが、凝血時間は正常です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

貧血と出血傾向を示し、血液検査で汎血球減少症を伴う病気は、再生不良性貧血と非常に紛らわしいので、区別をするのに困難な場合があります。白血球数の少ない非白血性白血病や骨髄中の脂肪が多くて細胞の少ない低形成性白血病など、白血病が定型的でない場合がありますが、鑑別診断はかならずしも容易でないです。そのほかにも汎血球減少を伴う病気が数多くありますが、骨髄穿刺を行うことによって区別は容易となりました。

 

薬剤師 求人