調剤薬局監修・プリオン、パーキンソン病などの特定疾患について解説する情報サイト

パーキンソン病

パーキンソン病はジェームズ・パーキンソンが1817年に初めて報告した病気で、報告者の名にちなんでパーキンソン病と呼ばれるようになりました。パーキンソン症状を示す病気は種々あり、これらの病気のなかで特徴的な所見があり、他の病気と区別可能な病気としてパーキンソン症状を示す種々の病気(パーキンソニズム、パーキンソン症候群)とパーキンソン病を区別するようになりました。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で 10万人以上の患者がいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

パーキンソン病は50歳、60 歳代で発病することが多いのですが、70歳代以上の高齢で発病する人も稀ではありません。また、時には40歳前に発病する人もいます。一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、年齢の若い段階で発病した人の中には、遺伝子の異常がある人がいる事が解ってきています。

 

おもな症状には、動作緩慢(無動)、手足のふるえ、筋肉のこわばり、仮面様顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、歩行障害(こきざみ歩行、前かがみ、突進歩行、すくみ足、)などがあります。

 

薬局